通夜参列のマナー - 葬儀の基礎知識 | 千葉県流山市・野田市・柏市・松戸市の葬儀・お葬式。家族葬・火葬・直葬・密葬|セレモニーホール天翔|流山初石・南流山駅前

通夜参列のマナー

通夜の知らせを受けた場合、時間と場所を確認します。
駅から式場までの間に道案内をしている人を見かけたら、軽く会釈をしましょう。できれば開式10分くらい前には到着するようにします。
やむを得ない事情で遅れてしまった場合は、お詫びを述べた後にお参りをさせてもらいます。

一般的な通夜の流れ(流山市・野田市・柏市・松戸市)

1.受付

式場に到着したら受付をします。深く一礼した後、袱紗(ふくさ)から香典を出し、芳名帳に記入します。

2.参列者着席

式場内へ着席を案内されたら、指定された場所に座ります。

3.開式の辞(僧侶入場)

僧侶をお迎えします。数珠を持参していたら手に持ちます。

4.読経

5.ご焼香

ご遺族・ご親族のご焼香に続き、案内があったら順番に焼香します。
焼香後は通夜ぶるまいの席に移動する場合と、自席に戻る場合があります。
ご焼香の後に僧侶が法話・説教をすることがあります。

6.閉式(僧侶退場)

僧侶を見送ります。数珠をしまいます。

7.閉式後

通夜ぶるまいの席に移動します。故人さまとの最後の食事の席になりますので、少しでも箸をつけましょう。
会葬御礼状と返礼品を受け取り、タイミングを見て退席します。

お手伝いを頼まれた場合

ご遺族にお手伝いを頼まれた場合、よほどの理由がない限り断らずに引き受けましょう。
お手伝いをする人の立場は、参列者側ではなくご遺族側になります。
黒白のリボンや、黒の腕章をつけることが多いです。

ご家族・近親者のみの小規模なお通夜への参列

最近では、家族葬など小規模で行う葬儀が増えてきました。
「近親者のみで行います」といわれた場合は参列を遠慮します。
どうしてもお参りしたい場合は、理由を述べて遺族の許可を得ましょう。

お急ぎの方へ

些細なことでもお気軽にご相談ください。

フリーダイヤル:0120-940-556

天翔のお葬式について

資料請求・見積り依頼

メールで相談する

セレモニーホール天翔 3つの特徴

葬儀の基礎知識

お客さまの声(流山市・野田市・柏市・松戸市)

南流山駅前ホール

流山初石ホール

お急ぎの方へ
資料請求・見積り依頼
メールで相談する
ページトップへ

セレモニーホール天翔

市民葬儀式場 セレモニーホール天翔

〒270-0121 千葉県流山市西初石2-6-17
TEL.04-7154-4419
FAX.04-7152-4922
E-mail.info@tenshou.com